本日 349 人 - 昨日 644 人 - 累計 1416900 人
RSS
この冬は確かに前半は寒い日も多かった気がしますが、2月に入って日中は暖か。完全に春近しといった感じです。今年は今のところ湘南は雪も降らず、なんだかんだ言って結局暖冬ですかね?!

さて、現在は3月7日まで緊急事態宣言中で出航も少ない状況ですが、こんな時はメンテナンスや船磨きのチャンスなので3月以降に向けて少しずつ作業を進めています。今日は2階の操縦席フライブリッジのクリーニングです。フライブリッジは操縦者を入れて定員10名までご乗船いただけ、眺望は360度、通常はエンクロージャーという特殊ガラスの幕で覆われているので、風波を避け、また冬は日差しがあるとポカポカで、今日は作業中Tシャツと短パンで十分でした。

フライブリッジとは言え、隅から隅まで綺麗にするにはあと2日はかかりそうです。
その後、再び船体、そして船内クリーニングの予定で、まだまだ先が長そうですが、お客様に少しでも快適にご乗船いただけるよう引き続き頑張ります。

画像画像7238E8ED-0F42-4867-A55A-B7BBB0A1DCA023FAA75D-6F2C-4149-88BB-F677AC1BBF77



Captain/Team BIG TAK

昨年12月富士山のことが気になってBlogも書きましたが、その後も雪が降ってはすぐに溶けて山肌が見えてしまう状況でした。

今週月曜日、低気圧通過後に出航した際には、やっと頂上からすそ野まで真っ白く雪に覆われた富士山を望むことが出来ました。やっぱり、冬の富士山はこうでないと季節感が湧きませんよね。

ここ茅ヶ崎は今朝も雨模様で、富士山の雄姿を望めませんでしたが、今週末にかけてはまた冬の晴天になりそうなので、そのまま雪が残っているか様子を観察したいと思っています。

最近はやっぱりSNSなどで富士山について色々憶測がなされていますが、不測の事態にならないことを祈るばかりです
 

62F78D4D-629A-49F9-B380-5748AA0FE0CB 1月25日


Captain/Team BIG TAK

昨年11月末マリーナ入港時に突然の南西の突風で船体が横に振られ、まさかの桟橋のコンクリート部分に接触し右舷に痛い傷を負いました。その後も出航が続いたため、しばらくそのまま放置して耐え忍んでいましたが、冬季にようやく修理を決行、この度無事修理完了で復活できました!

傷はかなり深かったですが、修復後は肉眼ではどこに傷があったかもわからないぐらい完璧に修復してもらえました! さすが、最強のメカニック。ちょっと$は痛いですが、感謝です!


IMG_2334 (1) → 48FE891F-AABD-4CFB-93F7-D4FF41080493


Captain/Team BIG TAK

2021年がスタートしました。再び新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言という残念な新年となりました。今年は昨年以上に予想すら難しい一年になってしまうのでしょうか?海を越えた海外ももちろんですが、国内の情勢や富士山の融雪も気になります。オリンピックもさあどうなるでしょうか?! 何よりも今年は激しい年と言われる暦、戦争や天災・その他の人災ない平和な一年になってほしいと願うばかりです。


新年度も弊社BIG TAKⅡの船上、船内共にコロナウイルス感染予防を徹底し、一年を通して
安全航行を第一に掲げ、万全の体制でお客様をお迎えいたします。


本年も引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。


画像


Captain/Team BIG TAK

ウバザメ現る! 

2020年12月28日
相模湾は駿河湾と並んで、世界でも有数の海洋生物が豊富に生息している湾です。
湾と言っても太平洋、その先はアメリカまでつながっていますから、実は想像以上に多くの海洋生物が湾内に回遊してきます。毎年航行していてもあまり見たこともない様々な海洋生物に出くわすこともあります。

先日江の島へ航行した際、漁港で網にかかったウバザメが港で水揚げされていました。すでに衰弱していましたが、その後、江の島水族館の車が迎えに来て急いで水族館へ向かいましたが、あれからあのウバザメはどうなったか心配です。体長は軽く2mは越えます。この大きさになると大の大人数人いないととても持ち上げられません。ウバザメはサメの中でもおとなしく一見象みたいな顔をしていてかわいいです。

ウバザメ2画像


今度江の水に行くことがあったらあのウバザメは?!と聞いてみようと思います。


神秘的な海洋生物が大好きな自分としては、まだ見ぬ相模湾の生物との遭遇が今から楽しみです!



Captain

前のページ
次のページ