本日 51 人 - 昨日 1373 人 - 累計 1048833 人
RSS
東京湾では横須賀の自衛隊や米海軍の小型ですが艦船が多数行き来し、近距離で遭遇しますが、相模湾ではまれに沖合での訓練で見る程度。昨日は茅ヶ崎沖を航行中すぐ沖合にいたので何事かとちょっとびっくりしました!原発の予行訓練もあったようですが、やっぱり威圧感ありますね


9EDAB70D-7F28-4283-9FDF-3944FF9C4BEF


Captain/Team BIG TAK

まだまだ台風21号の傷跡は所々に残るものの、ようやくマリーナにも台風前のいつもの灯りが戻り、ホットしています。
しかしながら、今回の台風の豪雨や災害による教訓は、将来再び起こりえるどのように活かされるべきか、大きな課題を残しています。


IMG_3649IMG_3648IMG_3627E7123D2A-B1DD-40F1-95E5-31452DB7561E

Captain/Team BIG TAK

台風19号と21号の豪雨で未だに城山ダムの放流が継続しており、辛うじて出航できても激しい急流に加えて、水位が増しているので、高さがあるBIG TAKⅡのレーダーやトローリング用のアウトリガーが橋の高さぎりぎり通過で、長年の勘と感覚に頼っていますが、水位を見誤ると接触し大きく破損し得るため、ここ数回かなり肝を冷やしています。また、相変わらず川から沿岸部には多量のごみや流木も多く流れインペラが破損しやすく、また沈んで見つかっていない船も多いので、プロペラやシャフトの接触や船底には特に細心の注意が必要です。

しばらくの間、船舶操縦者は厳重な注意と覚悟が求められます。

831E4253-90C7-4104-A886-8631788400A1EF606C65-B321-4CE4-8327-1345FE08FFF1



Captain/Team BIG TAK

台風19号が過ぎ去って1週間以上が経ちましたが、いまだ傷跡はあちらこちらで残っています。流された船も土手に乗揚げ、悲しい姿を露呈したままです。

マリーナも復旧活動が急ピッチで進み、ようやくマリーナのレスキュー艇でハーバーマスターと共にBIG TAKⅡやその他のマリーナ艇の航路を桟橋~河口~沖合まで確認し、水深や漂流物、大型ごみやボートなどが埋もれていないか慎重にチェックを行いました。思ったより流れが速く、マリーナ艇はスロットルを弱めると簡単に船体を持っていかれるほどです。また、突然に大木が流れてきたりと、しばらくは航行しても最大の注意が必要です。

水深は台風で底にたまった泥などが流されたようで、やや深くなりました。川底も今回は特に大きな障害物も見つけられなかったので、恐らくすでに海に流れた可能性があります。マリーナ事務所前に置いてあった、小型のボートは海上保安庁から連絡があり、何と伊豆の下田で発見されたらしいです。恐るべき自然の力です。


先ずは自然に真っ向から立ち向かうのでなく、賢く立ち回ることがより賢明かもしれないと痛感しています。台風20号21号で第二次災害にならないよう皆さまお気を付けください。


IMG_1991IMG_1996       IMG_2086IMG_2087IMG_2090
IMG_2071IMG_2068IMG_2067IMG_2044IMG_2047IMG_2040


Captain/Team BIG TAK





Captain/Team BIG TAK

台風19号の爪痕

2019年10月18日
台風19号の豪雨は我々の予想を遥かに超えるレベルでした。相模川上流の城山ダムの緊急放流が行われてからは、短時間に水位が上昇、マリーナもあっという間に水没し始めました。もし、放流がもう少し長引くか、宮ケ瀬ダムも緊急放流が予定通り行われていたら、マリーナと船はほぼ確実に流され壊滅状態だったと容易に推測できます。

台風当日の夜中に一部の他船のオーナー達とマリーナ入り口付近で呆然としながら見守るだけが精一杯でしたが、30m先の堤防がいつ決壊してもおかしくない水位と水流だったので、運が悪ければ決壊し、我々も車ごと川に流されていたかもしれません。見たこともない恐ろしい光景でした。マリーナ入り口からかすかに光って見える相模川の水面には多くのものが流され、まさにマリーナの桟橋や船も水に流され始めたあたりで、我々も覚悟を決めましたが、その後奇跡的に水位上昇が止まり、まさに危機一髪で事なきを得ましたが、あの光景は3.11の津波を思い出させるほどでした。


不幸中の幸いでBIG TAKⅡは一部船台とプロペラ水没で済みましたが、マリーナの水や電気などのインフラは完全にダウン、修理工場は完全に水没、残念ながら周辺のマリーナでは複数の船やジェットが急流に流されました。心がつぶされる思いです。

今回の台風の被害の範囲が巨大で、報道ではあまりされていなくても大きな被害が出ているところが相当数に達していることが現実です。我々のマリーナのみならず、被害に遭った多くの地域や人々が一刻も早く普及し、心身ともに立ち直れることを願ってやみません。


67494C70-D4AA-48C5-9605-B503C51D4B9F6EBDBB96-9CA5-49D9-83B2-1217A42EA77E2D4957DF-EF59-4D41-BD9E-66ABEE4A3919F2C37272-FABA-4534-A6D1-CB17BDA688F27B7AA049-7B1D-4E13-958C-4E0E4F35D93BAEF4835B-C404-44F0-8300-AB537507644847AC1CBC-2C98-4F29-A28A-99C68B510BAF


Captain/Team BIG TAK

次のページ