本日 359 人 - 昨日 644 人 - 累計 1416910 人
RSS
しかし、21日の春の嵐は台風並みの凄さでしたね。湘南の海域も大しけ絵文字 相模川河口もこんなでした↓

BC3C41F3-FEEC-4426-9A8A-1495B90E7242

普段は平塚新港に係留しているベテランの漁船・遊漁船もすべて川沿いの須賀港へ一斉避難したため、今回の天候は侮れないと思い、BIG TAKⅡも業務終了後すぐにマリーナへ帰港したかったのですが、残念ながらこの日に限って相模川の潮位が非常に低く、また我々のマリーナは須賀港より2kmぐらい上流のため、浅瀬が多く潮位によっては航行不能になります。また、無理に航行するとプロペラやシャフトの損傷、場合によっては座礁の可能性が高いため、潮位が少しだけ高くなる夜9時頃まで待ってようやくの帰港となりました。

慣れてはいても、やっぱり誰もいない夜の海や川を単独航行するのは何があるかわからずビビりますね~...できれば翌日早朝少しでも明るくなって潮位が高い時に帰港したかったですが、万一天候悪化が早まると河口の高波で1~2日は港に足止めを余儀なくされ、また、最悪あびきによって船の損傷もあり得たので、今回は闇夜の浅瀬を選択しましたが、翌日は朝方から既に豪雨と強風だったの結果オーライでした(汗)。 

特に不安定な春の天候は我々にとっては大きな課題です。最も4月頃になれば徐々に天候も安定化するので今しばらくの辛抱でしょうか。。。。


注)あびき → 気象等の急激な変化で港に発生する海面の水位変動のことです。1年を通して春先にかけて多くなり2月~4月で年間の7割に達するようです。この水位の変動が激しいと船は桟橋に接触し損傷することがあります。春の嵐がもたらす弊害です。

3D8FC8A3-82FA-4A96-85D4-2E3F97B28016画像0C5FFA31-D85A-424C-9F3D-07C77F732ADEBBFD27B1-1752-4393-98DD-548147663EFD9BA716D0-AC02-49BB-B00A-29057B97742F580D8193-2B15-4AAE-877E-20745308726DAB05CEDB-C936-48C8-9D60-BBEF0CD622F9画像


Captain/Team BIGTAK

我がビッグタックチームのイギリス人ティム副船長が香港へ帰国する際、搭乗の航空機絵文字から地元湘南(平塚~茅ヶ崎~江の島)や富士山上空の写真を撮ってくれました!BIG TAKⅡが停舶する平塚新港や相模川、江の島もはっきり分かりますね。

地上や海上からは見えない上空からのかなり貴重なショットです。でも、飛行機からよく湘南がわかったものだと感心してます~絵文字

Timは1級小型船舶はもちろんのこと、セスナも操縦します。かつてはヨットで荒海の世界一周を成し遂げた強者でもあります!次回来日の際もBIG TAKⅡに副船長で乗船してくれることを今から心待ちにしています絵文字


4AE65C11-6724-4216-B233-78273BCD2BC913723995806484画像

13352079884560

Captain/Team BIG TAK

連続欠航中

2021年03月14日
今年もコロナの影響に伴う緊急事態宣言の延長に加えて、3月に入ってからは天候まで変わりやすくなり、昨日も雷や雹も降る最悪の天候で欠航、今月に入ったとたんに5連続チャーター欠航中です(><)。
今週は明後日や週末も出航予定ですが、再び悪天候も予想され、出航できるか微妙な状況です。この時季は毎年ではありますが、朝と日中の寒暖差が激しいため、午後は真夏と同じように南西の強風が吹きやすく、月内はまだ不安定な天候が続きそうです。

緊急事態宣言も21日に解除予定とのことですが、3月に出航をご希望される場合はなるべく午前中の出航がお薦めですので、詳しくは直接お問い合わせください。

皆様、良い一週間をお過ごしください。

27DBA03A-012E-4BBF-8910-4F3754492291

Captain/Team BIG TAK

思い返せば2013年9月7日、国際オリンピック委員会(IOC)で2020年のオリンピック開催地に”Tokyo”と選ばれた時は例外なく自分も素直に喜んだことを未だに鮮明に覚えています。

あれからあっという間に8年目、今の状況は誰もが予想できなかったことかもしれません。
この間の準備にはどれほどまでの時間と労力、そしてお金がかかったのか。何よりも大きなチャンスにかけてきたオリンピック選手の立場からしたら、我々には到底予想もつかないとてつもない厳しい精神状態なのかもしれません。

記憶にも新しい2019年には、江の島でセーリングのプレ五輪が開催され、世界各国の選手が集結していた時は我々も海の事業者として楽しみに五輪を迎えられると半ばぬか喜びをしていたんですね....。世の中も人生もわからないものです。

まだ、五輪が無理やり開催するのか中止なのかは我々には想像でしかありませんが、何よりも一刻も早くかつての生活に戻り、人々(特に若い世代)が何かの楽しみや夢を再び持てる時代が戻ってきてくれることを願ってやみません。


1505353688980 (1)IMG_20170914_110428 (1)IMG_20170914_104734 (1)


Captain/Team BIG TAK

操船訓練

2021年02月16日
週末の出航時、業務後の潮待ちの時間を使ってクルーの操船訓練を行いました。クルーも万一の時は船長に代わって操船をこなす必要があり、定期的な訓練が必要です。

やっぱり船舶も習うより慣れろ、常日頃から体感で自身の手足と同じ状態で動かせるかどうがにかかっています。河口の三角波や沖合での時化もさることながら、日常的には狭い港などでの離着岸が極めて重要かつ難易度が高いと言えます。車と違ってブレーキはなく、スロットルとステアリングを駆使して、瞬時に風や潮を読み速度調整しながらの判断が必要になります。

BIG TAKⅡはクルーザーのため、漁船などとは船底の形状も異なり、2階フライブリッジも高いため、漁船よりは風の抵抗を受けやすく、また、船首のフレアの幅があるため操船席から見ても桟橋一部に覆いかぶさるように着岸や離岸を行います。

平塚新港の桟橋の場合、南西風が吹くと桟橋に着岸はしやすいですが、風で押されるので桟橋に勢いで強く接触しないよう角度と速度、桟橋との距離感の調整が必要で、また逆に北の強風の際は桟橋側から風が吹くのでスピードをある程度つけて入らないと、いつまでたっても着岸できず日が暮れます(笑)。

自らも含めて慣れに甘んじず、引き続き気を引き締めて、安全航行第一で運行いたします。

F606EA5F-5850-40DC-A8C0-738F95C82733


Captain/Team BIG TAK

次のページ